役立つ情報サイト

葬儀の意味とは。なぜ葬儀をするのか。

      2017/05/02

生きているものは、
いつかこの世から去っていきます。

あなたも一度は葬儀に参加をした経験が
あるのではないでしょうか。

まだ葬儀に参加をした事がない場合でも、
いつかは参加することになりますよね。

 
しかし、

この葬儀とはどんな意味があり
なぜする必要があるのでしょうか。

ただ故人とお別れするという事だけでは
ないと思います。

 
そこで今回は、
葬儀の意味とは。なぜ葬儀をするのか。
まとめてみましたので
参考にして頂けると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

葬儀の意味とは。なぜ葬儀をするのか。

 

葬儀の意味については、
色々な考え方があるとされているので

ハッキリとは
言い切れないところがあります。

 
しかし、日本は旧石器時代から
死者を葬るとされてる儀式が
行われていたようです。

日本の中でも宗教感によって
意味合いが違ってくるのですが、
多くの方が故人との最後のお別れの場
とされているようです。

どちらかと言うと
悲しい雰囲気がありますが、
他の国では死者にとっては
新たな門出とされている為、
明るく盛大に葬るところもあるようです。

 
このように別れの場として葬儀を行うのが
日本では多い意味とされていますが、
他にも社会的な処理を行う
意味合い
もあるとされています。

例えば、死亡届や戸籍の処理になります。
また、遺体を火葬(土葬)する
必要もあります。

そういった処理をしなくてはいけない事も
葬儀をする意味とされているようです。

 

スポンサーリンク

 

お通夜の意味とは。

 

亡くなってすぐの故人は、
魂があの世でもこの世でもない世界を
さまよっていると言われています。

その為、故人の足元を照らす役割を
ロウソクの明かりがしているとされています。

一晩中ロウソクの火を絶やさないようにと
遺族の方がその役割を果たしています。

この風習は古くからあり、
現在でも行っている方も多いようです。

 
しかし最近では、
葬儀よりもお通夜に参加をされる方も多く
少しづつ時代が変ってきているとも言えます。

もちろん今でもお通夜には遺族のみで
一般の方には葬儀に
参列をしてもらう場合もあります。

 
お通夜・告別式についてのマナー動画▼

 

葬儀の意味とは。なぜ葬儀をするのか。まとめ

 

葬儀の意味とは。なぜ葬儀をするのか。
いかがでしたでしょうか。

葬儀をする意味としましては、
多くの方が故人との
最後の別れの場として行うようです。

また、死亡届や戸籍の処理や
遺体を火葬(土葬)する必要がある為、
葬儀を行いという意味合いも
込められています。

色々な意味合いがありますが、
日本では多くの方が故人との
最後の別れの場とされています。

この世で生きた故人に最後の別れの場として、
出来る限り優先して
葬儀には参加をした方がいいでしょう。

 - 葬儀 ,