役立つ情報サイト

漬物の日とはどんな記念日なのか。

      2017/05/02

116993

日本人なら好きな人が多い漬物。

ごはんにもよく合いますし、
おかずとして食卓に1品あると
いいですよね♪

そんな日本人に親しみのある食べ物
漬物にも”漬物の日”と呼ばれる
記念日があります。

一体、どんな記念日なのでしょうか。

そこで、漬物の日とは
どんな記念日なのか。
まとめてみましたので
是非参考にして下さい♪

 

スポンサーリンク

 

漬物とは?

 
漬物と言われているものは、
ぬか、味噌、塩、お酢、醤油、
香辛料等で

野菜、果物、お肉、お魚等を
漬けて加工した
食材とされています。

 
特に冬場や寒い地域では、
漬物は保存食とされ貴重な食材でもあります。
また、この漬物は原始時代から
存在していたようです。

食べ物の保存に塩が効果的だと理解し、
海水から塩を取って食材を漬けて
保存していました。

 
そして、奈良時代、平安時代、
鎌倉時代、室町時代江戸時代、
明治時代と、
どんどん進化していきました。

現在でも漬物といっても
色々な種類があり
冷蔵庫でも気軽に出来るぬか漬けも
人気があるようです。

 
白菜の浅漬けの作り方
(簡単な一夜漬けのレシピ)▼

 

漬物の日とはどんな記念日なのか。

 
202328

それでは、
漬物の日とはどんな記念日なのか
ご紹介していきたいと思います。

漬物の日とされた由来は、
名古屋市の郊外にある神社(萱津神社)の
言い伝えから来ているとされています。

この萱津神社は
漬物祖神としても有名なようです。

 
由来としては昔、村人たちが
自然の恵みに感謝の気持ちを込めて
お供え物をしていました。

お供えしていた物としては、
大地から採れた野の初物と
そして、海から採れた藻塩を
初穂としていました。

しかし、腐ってしまう事を
嘆いたひとりがカメの中に入れて
供物を供えてみたところ、
野菜の塩加減がちょうどよく
中々腐らないところから

神様からそ贈り物と言われたり、
保存食として
蓄えられるなったとされています。

その為、毎年8月21日は
萱津神社で
香の物祭をお祝いしています。

 
また、漬物業界は
毎月21日を漬物の日とし、
漬物の普及に広めています。


スポンサーリンク

 

漬物は健康的な食べ物って本当?

 
125676

漬物は身体に良い!
健康的だと言われています。

その理由としては、
まず食物繊維が
豊富い含まれているからです。

次に、加熱に弱いとされている
ビタミンCが、
漬物にすることにより
加熱されないので残ります。

 
他にも低カロリーなところは
嬉しいですね。

油を使わないですし、野菜も摂れます。
ただ、漬物は塩分を多く含むと
言われていますので、
塩抜きをする、
または適度な量を食べるのがいいでしょう。

 

漬物の日とはどんな記念日なのか。まとめ

 
039215

漬物の日とはどんな記念日なのか
いかがでしたでしょうか。

漬物は大分昔から保存食として
なじみのある存在でした。

現在でも人気が高く
食卓でおなじみの漬物。

普段あまり食べない人も、
毎月21日の漬物の日には漬物を食べてみてはいかがでしょうか。

 - 意外と知らない記念日