役立つ情報サイト

おせち料理の中身で迷ったら?これを入れておけばOK

      2016/11/05

269117

毎年、年末にかけて気になるのが
おせち料理ですよね!

手作りにしても買うのにしても
おせち料理の中身には何が入っていれば
喜ばれるのでしょうか。

 
人気がある種類は何があるのでしょう

気になるところです。

 
そこで今回は、
おせち料理の中身で迷ったら?

これを入れておけばOKな食べ物を
まとめてみましたので、
ぜひ参考にして頂ければ嬉しいです♪

 

スポンサーリンク

 

おせち料理の分類について

 
おせち料理はいわゆる懐石料理と
同じようなもので、
コース料理のようになっています。

そして、大きく分けると

焼き物、祝い肴、酢の物、口取り、煮物
の5種類に分かれています。

そして、この5種類にはそれぞれ
おめでたい意味合いが込められています

 
また、おせち料理は重箱に詰めますが
こちらも幸せを重ねると言う
意味合いがあるようです。

何だか素敵ですね!

 

スポンサーリンク

 

おせち料理の詰め方

 
132645

おせち料理を詰めるにも
何段目にどのような種類を詰めるのか

地域や家庭によっては違いますが、
大体は決まっているようです。

まず、
一の重は、祝い肴、口取りとされ

黒豆、かまぼこ、伊達巻き、数の子、
田作り、栗きんとん、きんぴらごぼう

といった種類を詰めます。

 
続いて、二の重には焼き物。

焼き魚(鰤や鯛等)や海老などの
海の幸を詰めるとされています。

 
続いて、三の重には酢の物。

紅白なます等を詰めるとされています。

 
そして、与の重には煮物。

ニンジンやレンコン、サトイモ、
クワイといった山の幸(煮物)や
筑前煮などを詰めるとされています。

 
また、こちらの動画も
おせち料理の詰め方として
参考になります▼

 

おせち料理の中身で迷ったら?これを入れておけばOKまとめ

 
110946

おせち料理の中身にも、
それぞれ意味合いがあり
重箱で詰められているようですね!

さすがに全部その通りは
用意は出来ないものだと思います。

それぞれ、焼き物、祝い肴、
酢の物、口取り、煮物といった

5種類を少しづつでも用意をすれば
それで立派なおせち料理です♪

多くの家庭では、
手作りと買ってきたものを
おせち料理としているようですので、
無理して全部作らなくてもOKです。

 

おせち料理の中身で迷ったら?これを入れておけばOKまとめ

 
おせち料理の中身で迷ったら?
これを入れておけばOK

まとめてみましたが、
いかがでしたでしょうか。

毎年何気なく食べていた
おせち料理ですが、

重箱に入っているそれぞれに
ちゃんとした意味がありましたね!

 
意味を知ったうえで、
今年はそれぞれ5種類のおせち料理を
用意してみてはいかがでしょうか。

 
素敵な年末年始になりますように♪

 - 年末年始 ,