役立つ情報サイト

クリスマス飾りにはこんな意味があった!種類も一緒にご紹介します。

      2016/11/05

269203

クリスマスになると、
多くの方が飾りつけをしますよね♪

クリスマスツリーのてっぺんには
スターが飾られたり
丸い形をしたクリスマスリース等、
毎年同じような飾りをします。

 
まさにクリスマス飾りの種類は、
定番ですよね!

 
このクリスマスの飾りつけは
毎年同じものを飾りますが、

ぞれぞれちゃんと意味があり、
クリスマスの飾るとされているんです。

 
今回は、クリスマスの飾り
それぞれの意味をご紹介しますね!

 

スポンサーリンク

 

クリスマスと言えばキリスト

 
271682

まず、クリスマスと言えば
キリストの誕生日をお祝いする日と
されていますよね。

 
しかし、実際には
キリストが生れる前から

クリスマスの由来と
されているものがあります。

 
それは、ユールという
ゲルマン民族のお祭りです。

 
当時はあまりキリスト教が
浸透していなかったので
ユールのお祭りの日をキリストが
生れた日にしたようです。

 
今では、このクリスマスも
世界中に広まっていますよね♪

 

スポンサーリンク

 

クリスマス飾りにはこんな意味があった

 
283195

それでは、早速クリスマスに飾る
種類の意味についてご説明します。

 
まずはクリスマスツリーです。

クリスマスツリーはユールの時に
飾っていたとされています。

なぜモミの木なのかと言うと
冬でも枯れないのが理由のようです。

 
そして、クリスマスツリーのてっぺんに
飾るスターの意味ですが、

キリストが生れるという時に、
賢者をベツレヘムへと導いた星を
意味しているようです。

 
つづいてクリスマスライト。

クリスマスライトは、
星の光を表したくて最初は
キャンドルを飾ったそうです。

しかし火の元が心配され、
ライトへの変わったようです。

 
そして、クリスマスリースです。

丸い形をしていて玄関などで
よく見かけますね。

このクリスマスリースが丸いのは
永遠の命を表しています。

 
続いてベル。

ベルを飾る意味としては、
キリストが生れたことを知らせる
喜びの意味を込めているのです。

 
そして、十字架。

十字架にはキリストと人間との
交差点という意味があります。

 
他にも、丸いボールを飾りますが
色によって意味が違います。

まずは赤いボールですが、
これはキリストが流した血を
意味していて、

白いボールには清らかさを
意味しているようです。

 
また、クリスマスツリーの飾りを
折り紙で作りツリーに飾るのも

予算を抑えられ
素敵かも知れませんね(^^)

折り紙でオーナメント飾りの折り方▼

 

クリスマス飾りにはこんな意味があった!種類も一緒にご紹介します。まとめ

 
096865

クリスマス飾りにはこんな意味があった
種類も一緒にご紹介しましたが、
いかがでしたでしょうか。

 
クリスマス飾りにもそれぞれ意味があり
飾っていましたね。

クリスマスに、
意味を知ったうえで飾るのは
少し賢くなった気がしていいですね♪

 
素敵な飾りつけが出来るといいですね!

 - クリスマス , ,