役立つ情報サイト

豆まきを節分にする意味とは?!また掛け声に隠された意味とは?

      2017/05/14

052671

細やかな疑問ですが、
なぜ節分という行事に

豆まきをするのでしょうか?

 
また、なぜ豆まきをする時に
鬼は外、福は内」と

掛け声をかけるのでしょうか?

 
豆まきをする意味や掛け声の意味
気になるところですし

子供に聞かれた時、
簡単に答えられたらいいですよね!

 
そこで今回は、
豆まきを節分にする意味について。

また、豆まきをする時の掛け声の
意味についてをまとめました!

 

スポンサーリンク

 

豆まきを節分にする意味や由来とは?

 
086434

昔は季節の変わり目として、
立春を新しい年の始まりとしていました

節分は立春の前日です。

 
今の大晦日と同じような感じで
節分を行事として行っていました。

 
そして、

宮中行事とし行われていた
追儺(ついな)という厄払いの
行事の中の一つの豆打ちもの名残として
豆まきが今でも行われているのです。

 
厄払いの行事を行う理由としては、
季節の変わり目は邪気が入りやすいと
されていた為です。

このようなことから、
今でも豆まきを節分に行っているのです

 
また、

節分には玄関にイワシの頭を
柊に刺して玄関に飾ったりもします。

これも魔よけとして
行っていることです。

 
現代では、中々見かけませんが
節分にイワシを食べたりする家庭や
地域はあるようです。

 

スポンサーリンク

 

豆まきの掛け声の意味について

 
086422

豆まきをする際、
一般的によく聞く掛け声として

「鬼は外、福は内」と言いますよね。

 
この掛け声には、
まずは鬼を追い出してから
福を内に呼び寄せるという意味で

一般的によく使われている掛け声です

 
しかし、

実は地域や家庭によっては、

「福は内」

しか言わないところもあるようです!

 
また、

「鬼は内、福は内」と、

どちらも内に呼び寄せる
掛け声もあるので驚きです!

 
えっ?鬼は内?と、思いますよね。

 
これには、鬼は外と言われ、
あちこちで追い出された鬼に対して
改心してもらう為だったり、

”鬼”がその町の守り神だったという
言い伝えがある地域や、

また、”鬼”という文字が
苗字にある場合などは、

「鬼は内」と掛け声をかけるようです

 
ただ、

一般的に豆まきを行うのであれば

「鬼は内、福は内」の掛け声で
豆まきをしていいと言えます。

 

まとめ

 
以上、

豆まきを節分にする意味について

また、豆まきをする際の
掛け声についてまとめました!

 
今年の節分は意味を知ったうえで
豆まきを楽しめそうですね♪

 - 節分 , , ,