役立つ情報サイト

お月見にすすきをお供えする理由

      2016/09/25

秋と言えばお月見。

キレイなお月様を見ていると
心まで満たされます。

そして、お月見と言えばお供え物が必需品。
お月見のお供え物で知られているのは、
月見団子すすきではないでしょうか。

月見団子をお供えする事は
何となく分かる方も多いと思いますが、
なぜすすきをお供えするんだろう?と、
思う方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、
お月見にすすきをお供えする理由”について
お伝えしたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

お月見に相応しいお供え物

まずは、お月見に相応しい
お供え物についてお話します。

 
月見団子

月見団子といえば、
お月見の代表的なお供え物。
月見団子はお米を丸くして作ったもので、
月に見立てて丸くされています。

また、月見団子には収穫への感謝の他に、
物事の結実、健康、
幸福も表して作られています。

 
収穫した野菜や果物

続いて、
収穫した野菜や果物をお供え物いします。

野菜ではサトイモやサツマイモが多く、
果物ではブドウが多く
お供え物とされています。

特にブドウ等のツルは、
月と人との繋がりが強くなると言われ
縁起の良いお供え物とされています。

 

スポンサーリンク

 

お月見にすすきをお供えする理由

 
すすきをお供え物にする理由は、
稲穂(お米)に似ているからと
言われています。

その為、本物の稲穂を
お供えする事もあるそうですが、
時期的に稲穂をお供えするのは難しいので、
すすきをお供え物としていると言われています。

こちらも収穫物と同じで
収穫に感謝の気持ちを
あらわしたものです。

 
また、すすきは切り口が鋭いので
魔よけの力があるとされています。

そのため、お供えした後軒先に
吊るしておく風習もあるようです。

 

すすきはどこで手に入れるのか

 

お月見のお供え物に
すすきは重要だと分かりました。

ぜひ我が家でもすすきをお供えしたいのですが、
どこで手に入れるのか分からない方も
多いのではないでしょうか。

すすきを手に入れる方法ですが、
まずは”お花屋さん”で買う方法です。

しかし、すすきは気を使っても
3日ほどしか持ちませんので、
その辺の”空き地”から取ってくるほうが
いいのかも知れません。

ただ、注意点として
私有地から取らないよう気をつけて下さい。

また、すすきの場所によっては
固い部分もありますので
葉で手を切らないように注意して下さいね。

 
また、どうしてもすすきが
手に入らなかった場合は折り紙で
すすきを作って飾るのもお薦めです♪

すすきの作り方▼

 
このように、お供え物が揃ったら
あとは楽しいお月見の始まりですね。

キレイな月を心行くまで楽しみましょう。

 - お月見 ,