役立つ情報サイト

こどもの日にこいのぼりを飾るのはなぜ?その意外な意味とは。

      2016/11/23

412588

5月5日といえば子供の日。

 
こどもの日といえば、
柏餅や粽を食べてお祝いをしたり
菖蒲湯に入ったり

こいのぼりを飾ったりしますよね!

 
しかしなぜ、
こいのぼりを飾るのでしょうか。

子どもに聞かれたときに
簡単に答えられるように今回は、

 
こどもの日にこいのぼりを
飾るのはなぜなのか?

その意味についてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

 

こどもの日にこいのぼりを飾るのはなぜなのか?

 
江戸時代の頃から、
こどもの日にはのぼりを立てて
お祝いをされていました。

 
この頃はまだ、ただののぼりで
こいのぼりではなかったようです。

そして段々一般庶民にも広がり
のぼりを立てるようになりました。

 
この時一般庶民が、
のぼりに鯉書き始めたのがきっかけです

 
なぜ鯉なのかと言うと
子どもが立派になってほしいという
気持ちが込められているからだそうです

 

スポンサーリンク

 

こいのぼりには種類と意味があるって知ってた?

 

413500

こいのぼりを見たことがある人は
こいのぼりのイメージとして

カラフルだと感じませんか?

ただカラフルに並べているわけではなく
並んでいる順番や色には
ちゃんと意味があるんですね。

 
まずは、

【一番上の鯉について】

一番上の鯉は、
真鯉(まごい)といい
色は黒色の鯉になっています。

意味としては、命の源。
なくてはならないような存在。

頼りになるお父さんを
象徴しているようです。

 

 
つづいて、

【二番上の鯉について】

二番目の鯉は、
緋鯉(ひごい)といい
色は赤色の鯉になっています。

意味としては、
守ってくれるようなお母さんを
象徴としているようです。

 

 
そして、

【三番上の鯉について】

三番目の鯉は、
子鯉(こごい)といい
色は青色の鯉になっています。

意味としては、
様々な命が生れて色々な活動をする
成長していく子どもを象徴しています

 

現代のこいのぼり事情

 
田舎や広い土地を持っている家庭で
大きなこいのぼりを飾っているのを
見たことはありませんか。

現代では核家族が増えたことや
都心や集合住宅で暮らす人も多く

 
中々大きなこいのぼりを
飾れないといった状況もあるようです

しかし、子供の為にも
こどもの日にはこいのぼりを飾りたい

そう思っている方も多いようです。

 
そこで現在では、
割と小さめのこいのぼりを
買う家庭も増えているようです。

 
確かに小さめのこいのぼりであれば
集合住宅に住んでいても
気軽に飾ることが出来ますね!

 
また、事情があり
鯉のぼりを飾れない場合

食べ物で鯉のぼりを作ってみるのも
面白いかも知れませんね!

気分だけでも鯉のぼり。

ロールケーキで簡単鯉のぼり▼

 
以上、

こどもの日にこいのぼりを
飾るのはなぜなのか?

その意味についてまとめてみました!

 - こどもの日 ,