役立つ情報サイト

短冊の書き方とは?!正しく書くと願いが叶う?

      2016/07/22

107208

7月7日の七夕の日と言えば、

短冊に願いを込めて書き
笹に吊るして楽しみますね!

 
みなさんそれぞれの願い事を書き
叶うようにお願いをしています♪

 
しかし実際にこの短冊を書く際

どのようにして願い事を
書いたらいいのでしょうか。

 
正しい書き方や
願い事が叶いやすい書き方は
あるのでしょうか??

 
それで今回は、

短冊の書き方とは?!
正しく書くと願いが叶う?

まとめてみました!

 

スポンサーリンク

 

そもそもどうして願いが叶うと言われているのか?

 
160415

そもそもなぜ、
短冊に願いを書けば願いが叶う?と
言われているのでしょうか。

 
それは中国から伝わってきたと
されています。

七夕と言えば織姫と彦星。

一年に一度だけ会えるとれていて
ロマンチックな日とされています。

 
織姫と彦星のお話▼

 
七夕の日を一年待ち続けた織姫なら
願い事を叶えたいと思う人々の気持ちも
分かってもらえるのでは?と、

そんな思いから七夕の日に
願い事をすると叶えてもらえるされ

短冊に願いを書き始めたとか。

 

スポンサーリンク

 

笹に吊るすのは短冊だけじゃない?!

 
七夕の日に笹に吊るすのは、
短冊だけではないのを知っていますか

 
例えば、紙衣。

これは竹の一番上に飾ります。
病気災害を除いて身代わりとして
飾るとされています。

 
他にも、くずかご。

これは飾りを作ったあとにでる
紙くずを入れるものとされています。

 
そして、投網。

豊漁や豊作を願った飾りとされています

 
他にも、巾着、折鶴、吹流し…と
色々な意味があり飾ります。

 
また、短冊や他の飾り物以外にも
折り紙で織姫と彦星を
作ってみるものおススメです▼

 

短冊の書き方とは?!正しく書くと願いが叶う?

 
030083

短冊の正しい書き方としては、
ポイントがあります。

 
多くの人は、

「○○が叶いますように」
「○○になれますように」
「○○がほしいです」

といったように”お願いごと”を
素直に書いているかと思います。

 
しかし願いを叶えるポイントとしては

「○○が叶う」
「○○が叶った」

「○○になる」
「○○になった」

「○○が手に入る」
「○○が手に入った」

と、現在進行形や過去形にして
願い事を書くといいでしょう。

 
これは七夕の短冊に書く時だけでなく
普段からでも使えます。

 

 
以上、

短冊の書き方とは?!
正しく書くと願いが叶う?

まとめてみました!

 
今年はどんなお願い事を
短冊に書きますか?

素敵な七夕になりますように♪

 - 七夕 ,