役立つ情報サイト

日焼けして痛い場合の対処法は?コレをしておけば痛みが和らぐ!

      2016/07/22

009646

得に日差しが強い日に
日焼けをしてしまうと後が大変!

 
とにかく痛くてシャワーを浴びるのも
寝るときも痛いなんてこと

誰にでも経験ありますよね。

 
もちろん気を付けていたも
日焼けしてしまうことはあります。

 
そこで今回は、

日焼けして痛い場合の対処法!
コレをしておけば痛みが和らぐ!

日焼けをして痛い場合の
対処法についてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

 

日焼けして赤くなる人、黒くなる人の違いとは

 
日焼けといっても、
人によっては赤くなる人と黒くなる人
それぞれだと思います。

 
同じ日焼けなのに何が違うのでしょうか

 
まず肌が赤くなる人ですが
こちらは肌の色が元々白いと
言われている人が多いです。

日焼けをすると肌が赤くなり
ヒリヒリと痛みを感じたり
眠れないという場合もあります。

 
一方、肌が黒くなる人ですが
こちらはメラニン生成が活発だと
言われている人が多いのです。

その為、相当な量の紫外線を
浴びない限りは痛みも少なく
2~3日程度でおさまるようです。

 

スポンサーリンク

 

日焼けして痛い場合の対処法!

 
073720

それでは日焼けをしてしまた後の
対処法についてご紹介します。

 
・冷やすこと

日焼けはやけどと同じような状態です
その為、日焼けをしているところを
冷やすといいでしょう。

冷たいシャワーを浴びることや
保冷剤などで冷やすのもOKです。

とにかく冷やしましょう。

 
・肌に水分を補給する

日焼けをした肌は水分が失われている為
冷やして少し落ち着いた肌には

化粧水などで水分を補給して
あげるといいでしょう。

 
・内側からも水分補給

肌だけではなく身体の内側からも
水分を補給しましょう。

この時ビタミンCが含まれている
飲み物だと更にいいでしょう。

 
・痛み止めの薬を飲む

どうしても痛くて眠れない場合
アスピリンなどの痛み止めの薬を
飲むという方法もあります。

ただ、そこまで痛みを感じる場合
出来るだけ早く病院へ行きましょう

 

 
ただの日焼けだと思っていると
重症化してしまう可能性もあります。

 

出来るだけ日焼けをしないように防ごう

 
018413

日焼けをしてしまうと、
後々辛い思いをしてしまいます。

 
その為出来るだけ日焼けをしないように
気を付けることが肝心です。

 
参考までに
日焼け防止対策&日焼け後のケア

動画をご覧ください▼

 
日焼け止めはこまめに塗りなす。
帽子や上着を着て露出を減らす。

 
またこの時期にはビタミンCも
できるだけ摂取するようにしましょう

ちょっとした心がけで、
日焼け後の辛い思いをしないで
済みますのでがんばりましょう!

 

 
以上、

日焼けをして痛い場合の
対処法についてまとめてみました!

 - 体調不良 , ,