役立つ情報サイト

日焼けとアレルギーは関係ある?紫外線アレルギーについてまとめました。

      2016/07/22

018413

春から段々と紫外線は強くなりますね。

 
この位の時期からちゃんと
紫外線対策を行っておかないと

紫外線をたっぷり浴びてしまう事に。

 
また、紫外線を浴びしまって
何だか肌が赤く腫れてしまったり
腕や首などを中心に湿疹が出来たり

このような症状が見られたら
もしかしたら紫外線が原因の

 
紫外線アレルギーかも知れません。

 
そこで今回は、

日焼けとアレルギーの関係性とは?!
紫外線アレルギーについて。

まとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

まずは紫外線アレルギーについて

 
紫外線アレルギーとは、
名前の通りで紫外線が原因となり
起こるアレルギー反応の事です!

 
他にも、

・日光アレルギー
・日光性皮膚炎
・日光過敏症

上記のようにも呼ばれています。

 
紫外線アレルギーは、
多くの人は紫外線が当たった部分に
皮膚の症状が現れるようです。

 
しかし人によっては、
全身に症状が現れる人もいるようです

具体的な症状をみていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

紫外線アレルギーの具体的な症状

 
多くの人は紫外線が当たった部分に
皮膚の症状が現れるようです。

・腫れる
・かぶれる
・発疹
・発赤

また、目に表情が表れる場合もあります

 
目に現れる場合は、

・充血
・異物感を感じる
・涙が出てくる

このような症状が出る場合があります。

 
他にも全身に現れる場合があります。

全身に現れる場合には、

・発熱
・吐き気
・頭痛

このような症状が現れる場合があります

 
あなたも他人事ではない?!▼

 

具体的な紫外線アレルギー対策としては?!

 
165643

色々な症状が出てしまう
紫外線アレルギー。

 
一度発症してしまうと、
中々治らないとも言われています。

 
出来るだけ紫外線アレルギーに
ならないように対策を取りましょう!

 
まずは春からシッカリと
紫外線対策をしておくといいでしょう

紫外線が強いのは夏だけではなく
春から強くなってくるので
気を付けなければなりません。

 
また、曇りの日や雨の日でも
紫外線は飛んでいますので
晴れている日以外でもきちんと
紫外線対策を行いましょう。

 
春から日焼け止めをつかう、
帽子やサングラス、日傘等を活用し
紫外線対策をしましょう。

 

 
以上、

日焼けとアレルギーの関係性とは?!
紫外線アレルギーについて。

まとめてみました。

 - 体調不良 ,