役立つ情報サイト

熱中症の発熱が続く場合は病院へ行くべき?正しい対処法とは。

      2016/06/27

009646

熱中症の症状として発熱があります。

また、熱中症の中でも発熱は
起こりやすい症状とも言われています。

 
ただ、気になるのが発熱が続く場合。

あまりも長いこと発熱が続くと
このままで大丈夫なのかな?と
何だか不安になってきますよね。

 
そこで今回は、
熱中症の発熱が続く場合は
病院へ行くべき?正しい対処法とは。

まとめてみましたので
参考にして頂ければと思います。

 

スポンサーリンク

 

なぜ熱中症で発熱は起こるのか?!

 
そもそもなぜ熱中症の症状として
発熱が起こるのでしょうか。

それは、体温調節が
上手く出来なくなってしまう為です。

本来ならば暑いときに体に籠った熱を
体外へ放出するようになっています。

 
しかし熱中症になってしまうと
体温調節が出来なくなってしまうため
体の中の熱が対外へ放出されず
体内へ残ってしまうので

発熱を起こしてしまいます。

 
その為、発熱だからといって
風邪を引いたわけではありません。

こういった熱中症を防ぐためにも
水分補給が重要になってきます。

 
熱中症にならないために、
正しい‟水分補給”をしよう▼

 
水分が足りなくなると
体温調節が上手くできなくなって
しまうのが原因になってしまいます。

 

なぜ熱中症の発熱は続くのか?!

 
073720

熱中症の原因で起こる発熱は
体温調節が上手く出来ないことが
原因だと分かりました。

 
しかしなぜ、
発熱は続くのでしょうか。

発熱が下がらない原因としては
体温調節機能が回復していない為です。

 
熱中症にかかる季節は、
室内と室外との温度差が激しく
体にはダメージが残り
自律神経が乱れた状態で体温調節が
出来なくなってしまうのです。

こういった原因から発熱は続くと
考えられています。

 
ただ、人によってこの発熱が
すぐに下がる人もいます。

 

スポンサーリンク

 

熱中症による発熱は何日位続くのか?!

 
188139

熱中症による発熱を起こした場合
大体2~3日で下がるようです。

しかし一度熱中症になり
体温調節が出来なくなっているので

発熱が下がったからといって
翌日から頑張るのは危険です!

 
また、熱中症による発熱の場合は
体温調節が出来ない状態なので
42℃以上の高熱が出る場合もあり

寝ていれば大丈夫だろうという
素人の判断は危険だと言えます。

 
もちろん人によっては
放置しておいても良くなりますが

しっかり医師に相談したほうが
いいと言えます。

熱中症は命に関わりますので
ちゃんと考えて行動しましょう。

 

 
以上、

熱中症の発熱が続く場合は
病院へ行くべき?正しい対処法とは。

まとめてみました。

 - 風邪・病気・生理 ,