役立つ情報サイト

溶連菌感染症は大人もなる?!その症状と治療法について。

   

237688

溶連菌感染症といえば、
子供がかかる感染症のイメージですが

大人でも疲れが溜まっていたり
免疫力が低下しているときに
かかってしまいます。

 
大人が溶連菌感染症にかかると
どのような症状になるのでしょうか。

また、治療法についても気になります。

 
そこで今回は、
溶連菌感染症は大人もなる?!
その症状と治療法についてまとめました

 

スポンサーリンク

 

溶連菌感染症は大人もなる?!

 
溶連菌感染症は大人でもかかります。

 
特に疲れが溜まっていたり
免疫力が低下しているときには

溶連菌感染症にかかりやすいでしょう。

 
また、免疫力の高い大人の場合
発症はしない場合もあり

溶連菌を保菌しているのに
気づかない場合もあるようです。

 
症状も風邪と似ている場合もある為
普通の風邪だと思ってしまう人も多く

悪化しなければそのまま治まるので
更に気づかないということもあります。

 
ただ、
溶連菌感染症は抗生物質での
治療をしないことには
菌がなくなることはありません。

また、長引いてしまうことにより
他の病気に繋がってしまう場合も
あるので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

溶連菌感染症の症状とは?

 
190066

溶連菌感染症の症状は
どのようなものなのでしょうか。

 
多くみられる症状としては、

・発熱
・のどの痛み
・舌に赤いブツブツができる

 
主には上記の症状がでます。

 
さらに症状が悪化すると、
38℃以上もの高熱がでたり

扁桃腺にまで白いブツブツができ
痛みを感じてしまいます。

 
また、体にも湿疹が出る場合も
あるようです。

 
他の症状としては、

・頭痛
・嘔吐
・下痢

といったように風邪のような
症状も出る場合があります。

 
こちらの動画も参考になります▼

 

溶連菌感染症の治療法について

 
129173

溶連菌感染症の治療法については、
抗生物質を飲んでの治療になります。

 
飲み続ける期間としては、
1週間~10日間ほどです。

 
注意点としては、
抗生物質を飲み続けて2日間ほどで
症状が治まってくることです。

症状が治まることにより
治ったと思い込んでしまい
抗生物質を飲むのを辞めてしまうと

菌を完全に退治できたわけではないので
他の病気へ繋がってしまう危険に。

 
そうならない為にも
ちゃんと医師の指示に従い
自分の判断で決めないことです。

 

 
以上、

溶連菌感染症は大人もなる?!
その症状と治療法についてまとめました

 
症状が普通の風邪とも似ているので
中々気づかないかも知れませんが
少しでもおかしいと思ったら
診察してもらい検査等してもらうのが
いいでしょう。

 - 風邪・病気・生理 , , ,