役立つ情報サイト

衣替えの時期で迷っている方はこれで解決!

      2016/09/25

日本には四季があり、
大体の人は一年に2回位は衣替えを
しているのではないでしょうか。

しかし、暑くなってから夏服を出し
寒くなってきたら冬物を出していると
必要な時に着れなくて
困る場合もありますよね。

 
そこで今回は、
衣替えの時期について
お話したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

そもそも衣替えとは何?

 
衣替えとは、季節の変わり目に
その季節にあった衣服に
着替えることを言います。

 
この衣替え自体、
1000年前からあると言われています。

大体平安時代から始まったとされており、
現在では年に2回衣替えをする方が多い中、
当時は年に4回は衣替えをしていたようです。

中でも衣替えで思いつくのが、
学生の制服ではないでしょうか。
学生の制服は、夏服と冬服がありますよね。

 
夏服と冬服を基本とし、
暑い場合は脱いだり、寒い場合はセーター等を
羽織ったりしていましたよね。

 

スポンサーリンク

 

衣替えの時期

一般的に衣替えの時期とされているのが、
6月1日と10月1日となっています。

学校や会社などではこの時期になると
衣替えをするように言われますね。

結構強制的ですよね…
実際の温度関係なく衣替えさせられるのは、
日本特有のものなのでしょうか。

しかし実際は、その年によって
異様に暑くなるのが早かったりしますよね。

そこで一週間位先の天気予報を確認し、
衣替えをしていくのが良いでしょう。

目安して、
平均気温が20度以上の場合、
長袖から半袖に切り替えていくと
調度いいでしょう。

 
また、平均気温が20度以下の場合、
羽織るものが必要となってくるので
準備しておくといいでしょう。

 
衣替えの際は、
一気に衣替えをしてしまうのではなく
暑くなってしまう場合や、
寒くなってしまう場合も考えて、
夏物や冬物を少しづつ
クローゼットに残しておくと安心です。

 
衣替えのちょっとしたコツを
お伝えしている動画を見つけたので
載せておきますね♪

参考になるといいです▼

 

衣替えの時期まとめ

衣替えの時期についてお話しましたが、
いかがでしたでしょうか。

衣替えの時期としては、
基本的に6月と10月とされていますが、
東京では5月上旬と
9月下旬に衣替えをするのが
最適だとされています。

ただ、その年によって温度差があるので
5~6月、9~10月は
天気予報の温度を確認しながら
少しづつ衣替えをしていくのがいいでしょう。

 - 秋の行事 ,