役立つ情報サイト

寒露とは何か?簡単にまとめました。

      2016/09/25

寒露

この言葉自体は聞いたことあるけれど
実際に、寒露とは何なのか分からない。

また、
どんな意味があり、いつ頃の時期なのか
具体的に知っている方は少ないと思います。

まずは読み方ですが、
寒露➡かんろと読みます。
漢字からは何となく
寒そうなイメージがあります。

また、寒露の時期になると
衣替えのする人も多いようです。

 
そこで今回は、この寒露とは何か?
簡単にまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

寒露とは何か?

 
寒露とは、晩夏~初秋にかけて
野草に宿る冷たい露のことをいいます。

日付でいうと大体10月8日頃から、
霜降(10月23日頃)までの
期間をいいます。

これは秋が深まり、野草に冷たい露が
結ぶ頃という意味合いがあります。

また、秋の長い雨が終わり、
秋が深まり始める時期です。

 
この頃の特徴としては、
大気の状態が安定していることから
空気が澄んだ秋晴れの日が多くなります。

夜には月も美しく見えます。

 

スポンサーリンク

 

寒露は二十四節気のひとつ

二十四節気”という言葉をご存じですか?
寒露は、二十四節気のひとつとされています。

 
二十四節気とは何かと言うと、
昔の暦(旧暦)は、
月の満ち欠けの周期を基準にしていました。

新月から次第に満月に向い、
そしてまた新月に戻り…

1周した時を”1ヶ月”としていたのです。

 
しかし、
その月の満ち欠けの期間は29.5日なので、
暦と実際の四季の間にズレが生じ、
農作業等に影響が出てきてしまった為、
そのずれを解消する為に中国で生まれたのが
二十四節気と言われています。

そして二十四節気は、一年を24分割し、
それぞれに名称をつけたものだとされています。

 

寒露とは何か?まとめ

寒露とは、二十四節気のひとつで
時期としては、
10月8日頃~10月23日頃まで。

 
漢字から見ると寒そうなイメージでしたが、
この時期は大気が安定していることから、
空気も澄んで秋晴れの日が多い頃。

夜には月もキレイに見えますので、
月を眺めてみたり、コオロギの鳴き声を
楽しんでみてはどうでしょうか。

 - 秋の行事