役立つ情報サイト

花粉症の症状、喉の痛みの原因と対策をまとめました!

      2016/12/11

055693

花粉症の症状としては、
くしゃみ、鼻水が最も一般的ですが、
人によっては喉のかゆみや
痛みを伴うことも。

 
花粉症による喉の症状は
微熱を伴うことも多く、
まるで風邪を引いたかのような
倦怠感も伴って大変つらいものです。

 
ここでは、花粉症による
喉の痛みの原因と対策をまとめました。

 

スポンサーリンク

 

一番の原因は口呼吸

085200

花粉症は、体が花粉を異物と認識し、
排除しようとすることで引き起こされる
アレルギー反応のひとつです。

 
体はあらゆる方法を駆使して
体内に入ってきた花粉を排除しようとします。

花粉症による喉の痛みもそんな反応のひとつ。

 
喉に付着した花粉を排除しようとする
防御反応が喉の痛みとなって現れるのです。

つまり、花粉症による喉の痛みは、
口呼吸によって花粉を喉へ付着させて
しまったことが一番の原因なのです。

 

スポンサーリンク

 

口呼吸にならないために、鼻をガード

298199

花粉症による喉の痛みを抑えるには、
まず花粉を喉へいれないことが重要です。

口呼吸ではなく鼻で
呼吸するように心がけましょう。

 
鼻腔内の鼻毛は、実は何よりも
優秀な天然のフィルターとして
大切な機能を担っているのです。

鼻腔内に取り込まれたほこりや花粉は、
鼻毛に絡め取られるので
喉や気管に入ることはありません。

 
ただし、
花粉の季節に普通に鼻呼吸をしていると、
くしゃみや鼻水といった
鼻の症状に苦しむことになります。

 
するとやがて鼻が詰まり、
口呼吸せざるを得なくなり、
喉に入り込んだ花粉によって
喉の痛みが引き起こされてしまいます。

 
そこでまずは鼻の症状を出さないように、
マスクやワセリン、花粉ガードスプレーなどで
しっかり防御しましょう。

 
それでも喉の痛みが出てしまったら、
できるだけ喉を潤して花粉を流し、
炎症を抑えましょう。

 
うがいでは喉の奥まではきれいにできないので、
抗炎症作用を持つ緑茶などを飲むのがお勧めです。

 
通常ののど飴やガムなどで唾液をたくさん出し、
喉の潤いを保つのも効果的です。

花粉症はとにかく予防が第一。

 
しっかりガードして、
花粉の季節を乗り切りましょう。

 - 花粉症 ,