役立つ情報サイト

大人のとびひの原因とは?!顔の初期症状から対処法まとめ。

      2017/02/09

240823

湿疹は年齢を問わず出るものですが、
特に大人になってからの
アトピーは治りにくいと言われています。

また、それ以外の湿疹でも大人になると
病院へ行く時間的余裕も少なく
外面を整える必要性もあって、
子供以上に厄介さを生じさせます。

 
さらにそれが顔面の場合、
他者への印象の悪さや、
女性の場合はメイクや
スキンケアにも差しさわりが出て
大変困ったことになります。

 
ここでは、顔面湿疹の初期症状、
特にとびひの原因と
その症状が現われている場合について
まとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

1. とびひとは

 
とびひとは、湿疹の症状が現われ、
その部位の細菌あるいは体液が

他の健康な皮膚に触れたときに
同様の湿疹症状が現われることです。

感染性の湿疹に見られます。

 

2.対策

 
228126

まずは何より
既に出来ている湿疹に
なるべく触らないことが肝要です。

 
また触れてしまった場合、
手や指先などは
すぐに、少なくとも流水、
あるいは石鹸と流水でよく洗います。

(石鹸を洗い流すのは、
最低でも20秒必要と言われています。)

また、湿疹の患部に薬を塗る場合、
湿疹を患っていない周囲には広げず、
出来る限り患部の上だけにします。

 
また薬のついた指先はすぐに石鹸と流水で洗い、
清潔なタオルで拭きます。

 

3.初期状態のとき

085200

湿疹は初期であればあるほど治りやすく、
逆に長引くほど、治りにくくなります。

軽いものであれば
自然と治る場合もありますが、
治る気配がなければ、
病院で診てもらいましょう。

現代のたいていの
皮膚科では湿疹の処方として
ステロイド成分入り軟膏の
塗布を勧められることがよくあります。

 
実はステロイド剤は
一時的にかゆみや発疹などの
不快な症状を消しますが、
湿疹を根本的に治癒するわけではなく
症状を抑えるだけです。

ですが、本来健康な皮膚の人で
湿疹が体質的なものでなく
一時的な原因によるものであり、

また軽いものなら、
不快な症状を抑えている間に
治ることもあり
その際にとびひも起こりにくくなるので、
そういう意味で有効と言えます。

 
ただしステロイド剤は
副腎皮質ホルモンを含み、
長期使用すると耐性が出来て
どんどん効かなくなっていきます。

 
そのため、使用は2週間以内で
あることを厳守すべきです。

逆に、それ以上経っても
湿疹が繰り返し発症する場合、
慢性化していますので、
ステロイド剤はすでに有効ではなく
すぐに使用をやめて、
根本的な体質改善が必要になってきます。

 

まとめ

 
018413

大人の湿疹、とびひは大きく拡がる前の
症状が現われ始めた初期の軽いうちに
なるべく早く対処することがとても重要です。

また、湿疹は体内からの
サインであることもあります。

 
食生活や生活環境、
生活習慣も見直してみましょう。

体質改善には、
腸内環境や食生活も大きく関わっています。

 - 体調不良, 風邪・病気・生理 , , ,