役立つ情報サイト

イネ科の花粉症の時期はいつ?症状と合わせてまとめました

   

055693

花粉症というと
春先をイメージしますよね。

この時期になると
マスク姿の人も多く見られます。

この時期の花粉症は
スギやヒノキが多いです。

 
しかし、実は一年を通して
花粉は飛んでいます。

ですので、春先以外の季節で
花粉症のような症状が出たとき

風邪だと思い込んでしまう人も
いるのが現状です。

 
今回は特に
イネ科の花粉症について
まとめてみましてので

ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

花粉症状を引き起こす植物の種類と飛散時期

269518

まずは一年を通して
どのような種類の花粉が
飛んでいるのか
簡単にご説明します。

 
【春】
スギ・ヒノキ

スギの飛散時期は2~4月
ヒノキの飛散時期は3~5月

この2種類は
日本で最も多い
花粉症の原因となっています。

 
【夏】
シラカンバ・イネ

シラカンバの飛散時期は4~6月
イネの飛散時期は5~6月

 
【秋】
ブタクサ・ヨモギ・カナムグラ

ブタクサの飛散時期は8~10月
ヨモギの飛散時期は8~10月
カナムグラの飛散時期は8~10月

 
【冬】
スギ

スギの飛散時期は2~4月

 

イネ科の花粉症とは?

 
イネ科の花粉症の
原因となるのは、

カモガヤ、
ネズミホソムギなど
牧草系の雑草が中心です。

雑草は繁殖力が強く、
排気ガスや大気汚染などへの
耐久力も高いため、

道ばたや空き地など
様々な場所に生えています。

 
芝草の中にも含まれているので、
イネ科の花粉症の場合

生活環境の様々な場面で
花粉に接触する可能性があります。

 
ただし、

イネの花粉は
直径約40μm程度なので、

スギの花粉が
直径約30μmなのと
比べると大きいのが特徴です。

 
そのため、

スギ花粉よりも
広範囲に飛散しにくいのです。

 

スポンサーリンク

 

イネ科の花粉症の時期はいつ頃なのか

237691

イネ科の花粉が
飛散するピークは

5月から6月、
8月から9月と

1年に2回あります。

 
花粉が飛びやすい時間帯は、
腫れている日の場合は
午前中の8時から
10時にかけて
大半が飛散します。

気温が高いほど
早い時間帯から飛散するのが
イネ科の花粉の特徴です。

 
そのため、
午前中に気温が低く

午後から気温が上がった場合は、
午後に飛散することもあるのが
注意しましょう。

 
イネ科の植物の花粉は
アレルゲンの共通性が
強い傾向にあり、

イネ科の花粉症になると
様々なイネ科植物に
反応するようになります。

 

具体的な症状について

275336

イネ科の花粉症になると、
くしゃみや透明な鼻水、
鼻づまりや目のかゆみ
といった症状が現れます。

 
他の植物の花粉症と
ほぼ同じ症状で、

アレルギー反応が強い場合は
喉や鼻、耳など粘膜や
皮膚の薄い部分に
かゆみが生じます。

咳が出たり、
イネ科の植物が皮膚に
直接触れると

赤いポツポツとした
発疹がでる場合もあります。

症状は風邪と似ていますが、
風邪と違って特定の時期に
毎年現れるのが特徴です。

なるべくイネ科の植物が
存在する場所に近づかないか、
薬などで予防しておくのが大切です。

 

 
以上、

イネ科の花粉症の
時期はいつ頃なのか。

症状と合わせてまとめました。

 - 花粉症 , , ,