役立つ情報サイト

静電気の原因とは?なぜ起こるのか。

      2016/09/27

乾燥した冬になるとバチッと
嫌な音と共に痛いあの思い出…

そう静電気!

この静電気は一体なぜ起こるのか。
その原因は一体何なのか。
原因があれば事前に防ぐことも出来るハズ!

 
そこで今回は、
静電気の原因とは?
なぜ起こるのか。

簡単にまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

静電気の原因

 
静電気の原因ですが、
物と物による摩擦や空気との摩擦によって
人に身体や色々なものに
帯電している電気があります。

この帯電している電気、夏場は湿気が多く
いつの間にか電気は抜けて行ってくれるので
静電気が起こることが少ないのですが、
冬場になると空気が乾燥しているので
放電されずに人の身体に
帯電されたままになってしまいます。

 
そして、水分が多い手を通して
電気が流れようとします。

その為、金属等に触れたときに
溜まっていた電気が
抜ける衝撃で静電気が起こるのです。

さらに静電気は、湿度が20%以下、
気温が20℃以下の時に
起りやすいとされているので、
12月~5月中旬位に起こりやすくなります。

 

静電気が人の身体に及ぼす影響

静電気が身体に帯電されたままだと
悪影響を及ぼします。例えば、

・肩こりや腰痛の悪化
・慢性疲労や睡眠不足になる
・貧血になりやすくなる
・肌荒れの原因になる
・ダメージヘアの原因になる
・免疫力の低下
・アトピーの悪化
・血糖値を上げ疲れやすくなる
・ストレスが溜まりやすくなる

 
上記のように、
静電気が人の身体に
及ぼす影響はいくつもあります。

出来るだけ静電気を帯電させない為には
どうしたらいいのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

静電気を防ぐ方法

静電気を防ぐ方法としましては、
まず着ている洋服の組み合わせを
工夫してみて下さい。

重ね着をする場合は、
同じ素材のものにするか、
近い素材のものを着るようにしましょう。

一番いいのは、
天然素材100%のものを着ることです。

 
そして一番ダメなものは、
アクリル、フリース、ウールのセーターの
組み合わせなので気を付けましょう。

 
次に、
水(ミネラルウォーター)を飲むこと。

ミネラルウォーターにはマイナスイオンが
入っているので、帯電を和らげてくれます。

また、コーヒーも効果的だと言われています。

 
他にもドアノブ等、
静電気が発生しやすいところに
触る前には木、紙、石、レンガ、
コンクリートなどに触ってから
ドアノブに触ると静電気が防げるそうです。

 
こちらの動画も参考になります。

体にたまった静電気の逃がし方▼

 

静電気の原因まとめ

 
静電気は12月~5月中旬位
湿度が20%以下、
気温が20℃以下の時に起りやすいです。

そして静電気が身体に及ぼす影響も多く
身体に良くないので、
出来るだけ帯電させないようにしましょう。

最後に静電気を防ぐ方法としては、
洋服の組み合わせや
ミネラルウォーターを飲んだりと
工夫は出来ますので試してみて下さい。

 - 日々の疑問 ,