役立つ情報サイト

凧揚げのコツを簡単に伝授!

      2016/09/27

085184

お正月ともなれば公園で凧揚げ!

なんて…ちょっと昔までは
よく見かけましたが
最近では凧揚げをしている姿を
あまり見かけなくなりましたね。

 
そもそも教えてくれる人が
いなくなってきたのかも?!
知れませんね…

 
そうとはいえ、
凧揚げは高くまで上がると
本当に嬉しいもの。

お正月は、家族集まって
ぜひ楽しんでもらいたいものです♪

 
そこで今回は、
凧揚げのコツを簡単に伝授します。

 
凧揚げをする場所や天気、
簡単なやり方もご紹介していきますね!

 

スポンサーリンク

 

凧揚げをする前に必要なこと

 
140094

凧揚げをする前に、
ぜひ知っておいてほしいことがあります

ちょっとした注意事項ですね。

 
1、まずは場所の確認です。

凧揚げには、
出来るだけ広い場所が適しています。
公園や空き地、土手等がいいでしょう。

また、夢中になって
車に引かれたりしないように
車の通らない場所で、
凧が引っかからない電線のない場所を

 
ぜひ選んで凧揚げをして下さいね♪

 
2、次に天気も重要です!

もちろん雨の日に
凧揚げをする人はないないと思いますが
曇りの日(特に雲が多い日等)も
あまり適していないでしょう。

雲っていると空を見上げた時に
凧が見えにくいです。

 
その為、
出来るだけ天気の良い晴れた日がお薦め。
また、少し風のある日もいいでしょう。

 
3、最後に人数も重要だったりします。

大人や、凧揚げに慣れた人なら
1人でも問題なく凧揚げ出来るのですが、

子供やまだ不慣れな人は
2人で一緒にやることをお薦めします。


それに人数が増えればそれだけで
楽しさも倍増しますしね♪

 
ぜひ数人で凧揚げをしてみて下さい。

 

スポンサーリンク

 

凧揚げのコツ!簡単な揚げ方を伝授

 

008831

凧揚げは、一人でやるより
二人で揚げた方が簡単に出来ます。

 
まず、一人は凧を持つ係
もう一人は凧を糸を持つ係と分担します。
この時、凧を水平にしておくのがポイントです。

 
その後、二人で走ります。
二人の距離感は大体5m位がベスト。

そして、凧を持っている方の人が
タイミングを見て凧を離します。

 
そして、凧を持った方の一人は
手に持った糸巻きの糸を伸ばしながら
風に乗せて安定させていきます。

 
この時、走りながら安定させてるといいです。

上手くいくまで何度か挑戦してみて下さい。
段々コツがつけめてきますので♪

 
段々慣れてきたら
今度は一人で揚げてみるのも面白いです。

 
1人で凧揚げする場合は、
凧と糸のつなぎ目を右手に持ちます。

左手には糸巻きを持ち走ります。

少しづつ糸を伸ばしながら
バランスを取り10m程伸ばせたら
凧の方を向いて凧を安定させましょう。

1人でも凧揚げが出来てしまいます♪

 
参考までにこちらの動画をご覧ください。

 
おじいちゃんがいとも簡単に
凧揚げをしているのです♪

おじいちゃんの凧揚げ動画▼

 

凧揚げのコツを簡単に伝授!まとめ

 
161790

凧揚げのコツを簡単に伝授しましたが、
いかがでしたか。

難しいテクニックが必要かな?と
思った方も自分にも出来るものだと
思って頂けたら嬉しいです。

 
また、折り紙でも簡単に凧を
作ることが出来るようなので、
手作りも兼ねて楽しんでみるのは
いかがでしょうか♪

折り紙で簡単に凧▼

 
今年のお正月は家族揃って
凧揚げにチャレンジしてみては
いかがでしょうか。

お正月の思い出として、
大人から子供へと凧揚げが
これからも引き継がれていくと

嬉しいですものです(^^)

 - 冬の行事, 年末年始, 日々の疑問 , ,