役立つ情報サイト

コーヒーの日(10月1日)とはどんな日?

      2016/09/28

私はコーヒーを毎日2杯は飲んでいます♪

コーヒー好きな人は多く、
あなたも毎日のように飲んでいませんか?

 
街にはカフェがあちこちにあり、
現在ではコンビニでもコーヒーマシンが
置かれているのが
当たり前になってきています。

もちろん自動販売機でも買えます。

 
コーヒーを飲むと気分が落ち着いたり
リフレッシュ出来たりと
コーヒーの効果は大きいものです。

コーヒーは手軽に買え、
私たちの生活の一部になってきています。

そんな人気の高い
コーヒーにも記念日があります。

そこで今回は、
コーヒーの日とは
どんな日なのかまとめました!

 

スポンサーリンク

 

コーヒーの日とは?

 
コーヒーの日が制定されたのは、
1983年10月1日。

全日本コーヒー協会が
定めた記念日とされています。

 
このコーヒーの日が
制定された理由としては、
日本でのコーヒーの消費量が秋頃から
増えていくことからと、

ブラジルのコーヒー豆の収穫が
大体9月頃で終わるからとされています。

 

スポンサーリンク

 

コーヒーの効果

コーヒーを飲むことで良い効果が
期待出来ることは良く聞きますね♪

具体的にどんな良い効果が
あるのでしょうか。

 
・リラックス効果

コーヒーの香りを嗅ぐと脳に
アルファ波が生じてリラックス効果

 
・二日酔いに効く

コーヒーに含まれるカフェインが、
二日酔いのときに起こる
頭痛の原因アセトアルデヒドを
身体の外に追い出してくれる効果があります。

 
・脳の活性化に良い

コーヒーの香りが人間の脳の働きや
頭の回転を活性化してくれる効果

 
・うつ病の予防になる

コーヒーを1日4杯以上
飲む人と飲まない人とでは、
うつ病の発生率が1割程低いようです。

 
・シミや老化を防ぐ効果

コーヒーに含まれているクロロゲン酸が
シミの原因となるメラニンの発生を
抑えてくれる働きをしてくれます。

 
・消化の促進

コーヒーが消化液の分泌を促してくれるので
食後や食べ過ぎた時はコーヒーを飲むと
消化を促進してくれる効果があります。

 
・ダイエットに効果的

コーヒーに含まれているカフェインが、
交感神経を活発にしてくれるので
過度な食欲を抑えてくれる効果があります。

 

美味しいコーヒーの入れ方

 

コーヒーの日とはどんな日なのかまとめ

コーヒーの日いかがでしたでしょうか。

コーヒーには誰もが知っているような
リラックスの効果以外にも
たくさんの良い効果がありましたね♪

 
現代では、自動販売機以外にも
カフェやコンビニ、
どこでも買えるようになったコーヒーを
毎日楽しんでみてはいかがでしょうか(^^)

 - 意外と知らない記念日