役立つ情報サイト

豆乳の日とはどんな日なのか?簡単にまとめました!

      2016/10/08

豆乳と言えば、
美容と健康に良いとされていて
特に女性に大人気ですよね♪

普通に飲むだけでも
美味しいのはもちろん

お料理やデザートにも
アレンジができ
ヘルシーでとっても美味しい!

美容と健康に良くて
女性に人気が高い豆乳にも
なんと!記念日があるんです。

そこで今回は、
豆乳の日とはどんな日なのか?
簡単にまとめました!

 

スポンサーリンク

 

豆乳の日とは?

豆乳の日の日にちとしては、
10月12日!

10月12日に
制定された由来としては
10月に体育の日
ある事と関係があります。

 
美容や健康、身体のために
気を遣う月であるここと、
とう→10 にゅう→12の
語呂合わせから
日本豆乳教会が制定しました。

とう→10は分かるのですが
にゅう→12は分かりにくいものですね汗

 
そして、
豆乳の日が制定された目的は
豆乳市場の活性化とされています。

 

スポンサーリンク

 

豆乳の栄養素

美容や健康に良いと
言われている豆乳。

具体的にどう良い効果があるのか、
豆乳の栄養素を
簡単にまとめてみました。

 
・大豆たんぱく質

大豆のたんぱく質は血液の上昇を
抑えてくれる他、
血液中のコレステロールを
低下させてくれる効果が見込めます。

 
・イソフラボン

大豆イソフラボンは、
女性ホルモンに似た
働きをしてくれるのが特徴で、
女性ホルモンのひつとエストロゲンと
同じ作用をしてくれるため、
生理不順だったり更年期の女性には
嬉しい効果が見込めます。

 
・リノール酸

あまり耳にしないリノール酸ですが、
このリノール酸は、
血管内の悪玉コレステロールを
除去してくれます。

更に、善玉コレステロールを
増やしてくれる効果も!

 
・サポニン

大豆サポニンは、
脂肪酸の酸化を防いでくれる
抗酸化作用がある他、
脂肪の蓄積を防いでくれたり、
血管に付着した脂肪を
排出してくれる効果があります。

 
・レチニン

レチニンは、
血流の流れを良くする働きがあり
血管に付着したコレステロールを
除去してくれる効果もあります。

そのため、血管の病気を
防いでくれる効果があります。

 
参考までに
もっとも安全で効果が出やすい豆乳の飲み方

 

豆乳の日とはどんな日なのか?まとめ

 
豆乳の日いかがでしたでしょうか。

日にちとしては
10月12日!

とう→10 にゅう→12の
語呂合わせから
日本豆乳教会が制定した記念日でした。

豆乳は美味しいだけではなく、
色々と健康面においても
効果がありましたね!

 
特に大豆に含まれているイソフラボンが
女性には嬉しい効果がありました♪

普段豆乳を飲まない方も
今年から10月12日は
豆乳を飲んでみてはいかがでしょうか♪

 - 意外と知らない記念日