役立つ情報サイト

夏風邪の食べ物として何を食べたらいいのか。

      2016/07/22

暑いこの時期、
気を付けているものの
気付いたら体調を悪くしていて
夏風邪を引いてしまっている…
そのような人が
以外と多いようですね。

事前に夏風邪を予防するには、
どんな食べ物を食べたら
効果的なのか。

また、夏風邪を引いてしまった後、
どんな食べ物を食べたら効果的なのか。

夏風邪の食べ物として
何を食べたらいいのか。
まとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

夏風邪の症状

 
まずは、
夏風邪の症状をみていきましょう。
夏風邪の症状としては、

・ノドの痛み
・鼻水
・咳

と、風邪の前兆から始まり

・発熱
・寒気
・だるさ
・頭痛

と、風邪が進んでしまうようです。
更に夏風邪には、
下痢や腹痛
といったように
腸にまでウイルスが
繁殖してしまう傾向にあります。

普通の風邪と同じような症状ですが、
夏の場合、暑さや湿気を好む
ウイルスなのが特徴的とも言えます。

 
夏風邪予防法▼

 

夏風邪予防に効果のある食べ物

 

夏風邪を引かないように、
事前に出来ることは
しておきたいですよね。

そこで、
夏風邪予防に良いとされている
食べ物をご紹介していきたいと
思います。

夏風邪予防に
良いとされている食べ物は、
ビタミンBが摂取できる
卵、納豆、バナナ、
うなぎ、豚肉等。

続て、ビタミンCが摂取できる
レモン、りんご、
ブロッコリー等の野菜や果物です。

特に夏場は、
汗と一緒にミネラル類も
排出されてしまいます。
弱っている時は
夏風邪を引きやすいので
暑くて食欲がなかったしても
出来るだけ栄養素の
高いものを食べて
体力をしっかりつけましょう!

 

スポンサーリンク

 

夏風邪を引いてしまった後に効果のある食べ物

 

気を付けているものの、
夏風邪を引いてしまった場合、
どのような食べ物を食べると夏風邪に
効果的なのでしょうか。

まずは、風邪を引いた時の
定番とも言える
おかゆが効果的な食べ物です。

夏風邪は胃腸にも影響があり、
腹痛や下痢をしてしまう
場合がありますので
出来るだけ負担のかからないように
消化に良い、
おかゆが良いとされています。

そして、栄養価の高いと、
身体を温めてくれる生姜がいいでしょう。

それらを全て合わせて、
おかゆに卵と生姜を
入れて食べてみて下さい。

 

夏風邪の食べ物として何を食べたらいいのか。まとめ

 

夏風邪の食べ物として
何を食べたらいいのか
いかがでしたでしょうか。

今回は、夏風邪予防の食べ物と、
夏風邪を引いてしまった
場合の食べ物を
ご紹介させて頂きました。

もちろん食事だけではなく、
身体を冷やさないようにしたり
無理をしないようにして普段から
夏風邪を予防して頂けるのが一番です。

せっかくの楽しい夏を、
夏風邪でダウンしていたら
もったいないです。

普段から気を使って楽しい夏を
お過ごしください♪

 - 風邪 ,