役立つ情報サイト

夏風邪とはどんな風邪なのか。

      2016/07/22

夏風邪とは、その読み方の通りで
夏に引く風邪の事を言いますよね。

しかし、冬に引く風邪のことは、
冬風邪とは言いませんよね。

なぜ夏に引く風邪だけは
夏風邪と呼ぶのでしょうか。
夏風邪は普通の風邪とは違う
風邪なのでしょうか。

 
そこで今回は、
夏風邪とはどんな風邪なのか
まとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

夏風邪を引く原因

 

風邪と言えば冬場が強い
イメージですよね。
夏風邪を引く原因は
何があるのでしょうか。

まず、夏風邪を引いてしまう原因から
見ていきたいと思います。

夏風邪を引く原因としては、
まず、夏場は暑いので
クーラーの付け過ぎで
身体に負担がかかり
疲れが溜まってしまいます

しかも、外と室内との温度差によって、
自律神経も乱れてしまいます

そして、暑くて食欲もなくなり、
栄養も取れなくて、
体力も落ちてしまいます

夜も暑くて寝不足になってしまう…

このように疲れている状態が続くと、
普段の時よりも
風邪を引きやすくなってしまいます。

免疫力が低下しているので、
風邪を引きやすい状態になているんです。

 

夏風邪とはどんな風邪なのか

 

それでは、
夏風邪とはどんな風邪なのか
みていきたいと思います。

まずは、夏風邪のウイルスは、
高温多湿が好きだとされています。
代表的なウイルスとしては、
エンテロウイルスや、
アデノウイルス。

こちらのウイルスは、
腸にまで繁栄してくるウイルスなので
夏風邪は、腹痛や下痢の症状が多いです。

 
そして、夏風邪は治りが
遅いのも特徴とされています。
理由としては、
外と室内との温度差にあります。

この温度差によって自律神経は乱れ、
免疫力も低下してしまいます。

夏場はこの状態から
中々抜け出せないので
夏風邪は治りにくいとされています。

また、
治りかけた頃に再び感染してしまうのも
夏風邪の特徴とも言えます。

 
このように、夏風邪は
普段引くような風邪とは少し違いました。

まずは、ウイルスの違いです。
夏風邪でのウイルスの特徴としては、
高温多湿が好きなウイルスとされています。

夏場は、暑さや外と
室内との温度差にもよって
身体は常に疲れている状態で、
体力や免疫力は低下しているので、
夏風邪を引きやすく、治りにくいのです。

 

スポンサーリンク

 

夏風邪とはどんな風邪なのか。まとめ

 

夏風邪とはどんな風邪なのか
いかがでしたでしょうか。

普段引く風邪よりも
夏風邪は面倒で
厄介なものだと
理解して頂けたと思います。

ただでさえ身体は疲れているのに
追い討ちをかけるられているような気分です。

 
夏風邪予防▼

せっかく楽しい夏なのに、
夏風邪を引いてダウンしていたらもったいない。
夏場は特に気を使ってあげて、
夏風邪を引かないようにするのが一番です。

 - 風邪