役立つ情報サイト

二日酔いの意味とは。その原因は?

      2016/07/23

二日酔い…
お酒を飲む人だったら
一度は経験があるかも知れません。

そして、二日酔いと一言で言っても、
ふらふらする程度で済む時もあれば
起きるのも辛い程の
重い時もありますよね。

 
そもとも二日酔いの
意味って何でしょう。

次の日も酔っている事から
二日酔いと言われるのでしょうか。

また、二日酔いになる原因は何があるのでしょうか。

 
そこで今回は、
二日酔いの意味とは。
その原因は?まとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

二日酔いの意味とは

 
二日酔いの意味としては、
基本的には夜の間にお酒を飲んで、

翌朝、起きた時に身体に
不快な状態(頭痛や吐き気等)を
感じた場合、二日酔いといえます。

翌日になってもお酒が残っている感じや、
身体が不快な状態を感じている場合は
まさしく二日酔いだと言えます。

 

二日酔いの原因

 

二日酔いの意味を理解して頂いたところで、
次は二日酔いになる
原因についてお伝えします。

まず、二日酔いになるのは
アセトアルデヒドが
原因とされています。

お酒(アルコール)を飲むことで、
このアルコールは体内で
アセトアルデヒドに分解されます。

このアセトアルデヒドは毒性が強いので、
毒性に引き起こされて頭痛や
吐き気といったような症状が起きる

つまり、二日酔いになってしまうと
されています。

 
その為、二日酔いの原因は、
アルコールではなくて
アセトアルデヒドだったんです。

 
この、アセトアルデヒドの代謝できる能力を
超える量のアルコールを
飲んでしまうことで二日酔いとして
不快な症状が起きてしまいます。

よくアルコール分解能力とも言われますが、
どちらとも同じ意味合いになります。

もちろん、アルコールを分解できる量は
人それぞれと言えます。

 

スポンサーリンク

 

二日酔いの症状

 

続いて、どんな症状がでたら
二日酔いに入るのかみていきたいと思います。

・吐き気
・頭痛
・胸がムカムカする(スッキリしない)
・ノドの渇き
・胃が痛い(不快感等)
・ふらふらする
・上手くしゃべれない

二日酔いになったことがある人は
上記のいずれかに
身に覚えがあるのではないでしょうか。

 
二日酔いの症状を和らげるツボ▼

 

二日酔いの意味とは。その原因は?まとめ

 
二日酔いの意味とは。その原因は?
いかがでしたでしょうか。

お酒は飲んでいる時は楽しくて
ついつい飲みすぎてしまう事が
多いですよね。

人によって
アルコールを分解できる量は違います。

自分はどれ位までなら平気なのか、
適量を知っておくのが
いいかも知れませんね。

お酒を飲んだ翌朝も楽しく過ごせるように
ぜひ、自分の分解できるアルコールの量を
知っておくのもいいのではないでしょうか♪

 - 二日酔い ,