役立つ情報サイト

二日酔いの予防方法とは?

      2016/07/23

二日酔いは本当に辛いですよね。

翌日、起きれない程ふらふら。
頭痛はするし、吐き気はするし…

この辛い二日酔いを
事前に予防出来たら
ここまで辛い思いをしないで
済むかもしれませんね。

 
そこで今回は、
二日酔いの予防方法について
お伝えしたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

二日酔いになりやすい時はどんな時?

 

同じ位の量のお酒を飲んでも、
二日酔いになる時とならない時が
ありますよね。

実は、二日酔いに
なりやすい時があるんです。
飲んでいる時の体調や条件によって
二日酔いになりやすい時があります。

どんな時が、
二日酔いになりやすいのでしょうか。

 
・空腹でお酒を飲んだ時

空腹でお酒を飲むということは、
急激にアルコールが
体内へ入り吸収してしまう
ので
いつもよりも酔っぱらってしまったり
二日酔いになりやすいです。

 
・寝不足でお酒を飲んだ時

寝不足というのは体調が万全ではないので
この状態でお酒を飲んでしまうと
普段よりアルコールを分解する力も
低下している
ので
二日酔いになりやすいです。

 
・体調が悪い状態でお酒を飲んだ時

体調が悪い時は
身体の免疫力も落ちているので
アルコールを分解する力も低下しています。
この状態でお酒を飲んでしまうと
二日酔いになりやすいです。

 

スポンサーリンク

 

二日酔いの予防方法とは?

 

それでは、二日酔いにならない為の
予防方法をお伝えしたいと思います。

 
・水を一緒に飲む

二日酔いの原因の一つとして
脱水症状があります。
それを防ぐためにも水を一緒に飲んで下さい。
アルコールを薄めてくれる役割
もしてくれるので
お酒と一緒に見ずを飲む。
また、お酒を飲んだ後にも水を飲んで
二日酔いを予防しましょう。

 
・食べ物も一緒に取るようにする

空腹な状態でお酒を飲むと
急激にアルコールが
体内へ入り吸収されてしまうので、
それを予防する為にも食べ物も
ちゃんと取りましょう。

出来ればお酒を飲む前に軽くでいいので
何か食べておくだけでも
大分違い
ますよ。

 
・お酒を飲む前に牛乳を飲むようにする

昔から牛乳を飲むと
胃に膜を張ってくれる
と言われています。

ただし効果自体は
2~3時間と言われていますので、
長時間飲む場合は
段々効果が薄れていきます。

 
二日酔いの予防と解消法▼

 

二日酔いの予防方法とは?まとめ

 
二日酔いの予防方法とは?
いかがでしたでしょうか。

二日酔いを予防する方法を
幾つかご紹介させて頂きました。

その時の体調によっては、
二日酔いになりやすい時もありますので、
後で二日酔いになって辛い思いをする前に
体調が悪い時などは出来るだけ
お酒を控えた方がいいでしょう。

もしくは飲む量を少しにしておきましょう。

 
そして、飲む前にちょっとした
工夫をするだけでも
二日酔いの予防になりますので、
ぜひ試して頂ければと思います♪

 - 二日酔い ,