忘年会の一発芸で誰でも使える簡単なネタと選んではいけない失敗するネタ

忘年会の一発芸で誰でも使える簡単なネタと選んではいけない失敗するネタ

毎年この時期になると恒例ともいえる忘年会がありますね。

 
仲の良い者同士で行う忘年会とは違い職場の忘年会ともなれば気を使わないといけないこともあったりしますよね。

さらには一発芸をしなくてはならないとなるとネタ探しに困ってしまうと思います。

 

そこで今回は、忘年会の一発芸で誰でも使える簡単なネタと選んではいけない失敗するネタをご紹介します。

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

選んではいけない失敗するネタ

042523

忘年会の一発芸としてどんなネタを選んだら盛り上がるのでしょうか。

 
選んだネタ次第では、今後気まずい思いもしますのでまずは忘年会の一発芸で選んではいけない失敗するネタをご紹介します。

 

ニッチするぎ一発芸のネタ

職場での忘年会では年齢層が幅広いのでニッチすぎるネタはウケが悪いです。

年齢層が高い人には分からないような一発芸のネタをすることで、何が面白いのか理解されず白い目で見られるでしょう。

 

下ネタが入った一発芸

下ネタに関しては男性にはウケがいいかもしれませんが、嫌がる女性社員がるので場合によっては嫌われてしまい今後の仕事に影響してきます。

 

上司のモノマネをする一発芸

これは上司にもよるのですが気分を悪くされた場合、今後の仕事に影響が出てしまう可能性があります。

出来るだけ避けた方がいい一発芸のネタといえます。

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

忘年会の一発芸で誰でも使える簡単なネタ

011292

忘年会の一発芸で選んではいけないネタを把握したうえでどんなネタを忘年会の一発芸として選んだらいいのでしょうか。

 

モノマネを披露する

一発芸の定番ともいえるのがモノマネでしょう。

誰もが知っているモノマネは盛り上がる事間違いなしです。そのとき凄く流行っているお笑い芸人のネタなどもいいでしょう。

また、あえて上司がすきな芸能人やスポーツ選手などをリサーチしておいて忘年会で披露すると喜ばれるでしょう。

 

歌や踊りを披露する

忘年会の一発芸として歌や踊りを披露すると盛り上がりますね。

特に女性が歌や踊りを披露すると男性の上司は喜びます。本格的じゃなくてもいいので軽く出来る程度でもいいでしょう。

 

マジックを披露する

マジックを披露することはモノマネや歌、踊りよりも万人にウケの良いネタと言えます。

ちょっとしたテーブルマジックの道具は百貨店でも売っていますので事前に用意をしておいて披露するのもおすすめです。

 
コインマジック

 
カードマジック

 

おしぼりアートを披露する

忘年会ともなれば会場に必ずといってもいいほどあるおしぼり

これを使って簡単におしぼりアートを披露するというのもいいでしょう。練習すれば簡単にできるようになります。

 
うさぎの作り方

 
土下座

 

特技を披露する

自分の特技をちょっとした一発芸として披露するのもいいでしょう。

内容によっては意外性もあり、周りから一目置かれる存在になるかも知れません。

 

バルーンアートを披露する

割と定番ですがちょっと練習するだけでできるようになりますので結構おすすめです。

準備するものもそんなに多くありませんし万人受けするでしょう。

 
犬の作り方

 
剣の作り方

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

忘年会の一発芸についてネット上の声

忘年会で一発芸担当なったんだけど笑笑
忘年会で一発芸大会やるんだけどハレ晴レユカイ唄うか踊ってみたいけど、ネタを分かってくれるか不安だ笑笑
これよこれ。
できる人は忘年会の一発芸もチャンスなのよ
「ヨネヅゲンC!レモン味 発売中!!」
うーん、忘年会の一発芸これで行こうかな。いけるよな。うん。
忘年会で一発芸強要されたら『誇張しすぎた〇〇課長のモノマネ』で挑んだるわ
忘年会も一発芸も自分を売り込むチャンスだったから別になんとも思わなかったや。
強要はしないけど、やったやつにいい仕事回しても恨みっこなしだよね。なんで、俺がその辺配慮しなきゃいけないだろう。ってお気持ち。
だって俺楽しいやつと仕事したいし。
って思った。
3の倍数の時だけアホになるってギャグを考えたから、忘年会の一発芸で使っていいよ
ドラえもん「どこでもBoA~~!!」
からのBoA真似をするという比較的忘年会で役立ちそうな一発芸思いついたから今年はこれにしよ

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

最後に

基本 CMYK

今回は、忘年会の一発芸で誰でも使える簡単なネタと選んではいけない失敗するネタをご紹介しました。

選んではいけないネタに気を付けながら、誰でも使える簡単なネタをぜひ実践してみてください。

スポンサーリンク

冬の行事、イベントカテゴリの最新記事