バレンタインの変化に驚き!意味やホワイトデーとの関係について!

バレンタインの変化に驚き!意味やホワイトデーとの関係について!

バレンタインにホワイトデー

この2種類のイベントは、バレンタインに好きな人にチョコレートを渡してホワイトデーにお返しをもらうといった流れのイベントのように感じますよね。

 
元々繋がりのあるイベントなのでしょうか。

 

そこで今回は、バレンタインとホワイトデーの意味や関係についてと、近年のバレンタインの変化についてまとめました。

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

バレンタインデーの意味とは?

一般的に日本のバレンタインと言えば、女性から男性へチョコレートと一緒に愛の告白をするイベントでしょう。

 
しかし、アメリカのバレンタインは女性から男性へプレゼントを男性から女性へプレゼントを渡すことが多いのです。男女関係なくプレゼントを渡すとされています。日本とは大分違いますね。

 

また、なぜ日本ではバレンタインにチョコを渡すのかといいますとこれは、お菓子メーカーの戦略だと言われています。

 
確かに冬になるとチョコレートの種類が増えますよね。溶けないし暑い夏よりも断然売れるのでしょう。

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

ホワイトデーの意味とは?

ホワイトデーといえば、バレンタインにもらったお返しを男性から女性へ渡すのが強いイメージだと思います。

 

ホワイトデーはバレンタインが定着した後に、もらったものに対してお返しをするという日本人らしい考えから出来たイベントのようです。

また、こちらもお菓子メーカーの戦略が始まりのようです。

 
そのため、ホワイトデーは日本生まれのイベントのようで、ホワイトデーは一部のアジアの中だけのイベントで欧米では中々みない習慣のようです。

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

バレンタインとホワイトデーの関係について

バレンタインとホワイトデー

それぞれの意味を知ったら、関係性が良く分かりましたね。

 

どちらもお菓子メーカーの戦略でチョコレートを渡し、ホワイトデーでもそのお返しとしてお菓子を渡します。

 
今ではクリスマスと並び、バレンタインも人気のイベントです。

このような機会があるお陰で好きな人に気持ちを伝えるきっかけにもなるものですよね。

 
しかし、この風習も大分変ってきているようです。

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

バレンタインの変化に驚き

本来のバレンタインといえば好きな人に思いを伝えるためでしょう。

 

しかし、近年のバレンタインでは好きな人に思いを伝えるためにチョコレートを渡すのは4・6%と非常に少ないのに驚きです。

 
その一方で、自分のためにチョコを買う人や友人に渡すためにチョコを買う人が増えているようです。

 
確かにデパ地下等に行けば本当に美味しそうなチョコがたくさん売っていますよね。

甘いもの好きな女性にとっては自分で食べたくなるものですよね。

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

今回のまとめ

 
今回は、バレンタインとホワイトデーの意味や関係についてと、近年のバレンタインの変化についてまとめました。

 
ホワイトデーは日本生まれのイベントでした。もらったものに対してお返しをするという日本人らしいイベントですね。

 
バレンタインには好きな人に渡したり友達に渡したり自分に買ってみたりと楽しいイベントなのは間違いないですね。

スポンサーリンク

冬の行事、イベントカテゴリの最新記事