風邪のひき始めにカイロを使う人続出!気を付けないと危険な場合も

風邪のひき始めにカイロを使う人続出!気を付けないと危険な場合も

風邪のひき始めにはカイロが効果的だったりします。

 
だからといってカイロをただ持っていればいいのかというとちょっと違います。

 

風邪のひき始めにはある場所にカイロを貼ることが効果的なんです。

 
また、カイロも気を付けないと危険な場合もありますのでこの辺りをまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

風邪のひき始めにはカイロが効果的

風邪のひき始めにはカイロが効果的です。

 
その理由としてはまず多くの方は風邪の菌が口や鼻から入ってくると思っていると思いますが、実は風邪は背中から入ってくるとも言われています。

 

具体的には背中の風門(ふうもん)と呼ばれる部分から入ってきます。

 
風門の位置としては首を下に倒したときに大きく飛び出る骨があると思います。

 
その骨の二つ下の骨の左右外側の指2本分程離れたところが風門の位置です。

200692

 
風門から入ってきた風邪は寒気から始める風邪となります。

 

つまり鼻水やのどからの風邪ではなく寒気を感じた場合の風邪のひき始めのときにカイロを使うと効果的ということになります。

 
では、具体的にどこにカイロを貼ると効果的なのかご説明します。

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

風邪のひき始めの正しいカイロの使い方

風邪のひき始めの正しいカイロの使い方としては風門の位置にカイロを貼ることです。

200692

 
風門の位置にカイロを貼り体を温めることで弱った免疫力を回復させる効果が期待できます。

 
また、カイロで体を温めることで血行が良くなり温かい血液を体全体に流すことが出来るのです。

 

風門の位置が分からない場合は肩甲骨の間にカイロを貼るようにするといいでしょう。

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

カイロを使うとき気を付つけること

 
カイロを貼るときの注意点としては低温火傷に注意することです。

 
直接肌に貼らないことや就寝中にカイロを貼ったまま寝ることも低温火傷の原因になりますので注意するようにしてください。

カイロは高温の状態が続きときもあります。

 

少しでも熱いなと感じた場合には体から少し離すなどの注意が必要です。

 
低温火傷しないように気を付けましょう。

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

カイロがすぐに手に入らない場合

風邪のひき始めにはカイロが効果的ですが、実践したくてもカイロが手元にない場合ってありますよね。

 

そんな場合にはドライヤーで風門を温めます

 
ドライヤーを使いピンポイントで風門を温める方法です。

 
また、蒸しタオルを用意して風門を温める方法もあります。

どちらも一時的に温めることは出来ますのでカイロが手に入るまで試してみるのもいいでしょう。

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

今回のまとめ

今回は風邪のひき始めに効果的にカイロを使う方法をお伝えしました。

 
風邪も悪化する前に治してしまいましょう。

ぜひ、試してみてください。

スポンサーリンク

風邪、怪我、病気、生理、体調不良などカテゴリの最新記事