結婚式で男性ゲストはネクタイが必要?ふさわしい種類とNGな種類

結婚式で男性ゲストはネクタイが必要?ふさわしい種類とNGな種類

結婚式のゲストとして参加をするとき、迷うことの一つが服装だと思います。

 
男性の場合は特にネクタイに悩む人が多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、結婚式で男性ゲストはネクタイが必要なのか。また、ふさわしい種類とNGな種類についてまとめました。

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

結婚式の服装でネクタイは必要?

結婚式のネクタイは基本的には必要です。

 
ただし招待状に平服や略礼装と書かれていれば、無理にして行かなくても構いません。楽な格好で出席してください。

 
とはいえ男性の場合は、他の人と似た感じの服装になってしまうことがほとんどですから、むしろネクタイはファッションの差別化をするためのお洒落アイテムでもあります。

 
そのため、どういった式場や席であったとしても、ネクタイをして行って損はないでしょう。主役の邪魔にならない程度に花を添えられるのが理想です。

 

結婚式の男性ゲストはネクタイで差別化を。

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

ネクタイ選びで気を付けるところとは

ネクタイ選びでは主に色と柄に注意が必要です。

 
特に弔事を連想させる黒は最も避けなければならない色で、結婚式には不向きです。

 
更に柄も、派手さや個性が強いのは良くありません

新郎新婦と親しい間柄で冗談が利く関係でも、他の出席者からの印象もありますので避けてください。

 
意外と盲点なのが、ネクタイの幅です。大体幅10cmくらいが一番良く、極細や極太のネクタイには悪い印象を持つ人もいます。

 
お洒落をするにも限度がありますので、標準から大きくずれたことはするべきではありません。

 

・黒いネクタイは避ける
・ネクタイの幅は10cmくらいがベスト

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

結婚式にふさわしいネクタイの種類

一方で結婚式に相応しいネクタイとなると、まず光沢のある白が最適です。

 
厳かな雰囲気にもマッチし最もマナーある色と言えます。あるいはシルバーやグレーのような、白に近い色も相応しいです。

真っ白なネクタイはハードルが高いと思ったらこれらから選びましょう。柄もない方が安心です。

 
格式高い式場では柄物は敬遠されがちで、場違いとされます

その代わり仲の良い友人などを祝う際には問題ありませんので、都度臨機応変に選べるといいです。

 
カジュアルになり過ぎないよう、控えめな柄を選んでください。

 

結婚式にふさわしいネクタイは光沢のある白、もしくはシルバーやグレーなど白に近い色を選ぶといいでしょう。

また、柄のあるネクタイはできるだけ避けましょう。

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

今回のまとめ

今回は、結婚式で男性ゲストはネクタイが必要なのか。また、ふさわしい種類とNGな種類についてまとめました。

 
基本的に男性ゲストはネクタイは必要です。ネクタイで差別化を。

気をつけるところとしては、黒いネクタイや柄のネクタイは避けること。

 
ネクタイの幅は10cmくらいがベスト。

光沢のある白やシルバー、グレーなどのネクタイを選ぶといいでしょう。

スポンサーリンク

冠婚葬祭カテゴリの最新記事