手土産はどんな時に必要?知らないと恥ずかしい渡し方からマナーまで

手土産はどんな時に必要?知らないと恥ずかしい渡し方からマナーまで

手土産を持って行くときは大切な顔合わせがあるときや、大切な訪問をするときというイメージが強いよ思いますが、実際に手土産はどんな時に必要なのでしょうか。

 
また、実際に手土産を用意したのは素晴らしいことですが、渡し方やマナーができていないとちょっともったいないというか恥ずかしいですよね。

できれば手土産を用意し、スマートに渡したいのものです。

 

そこで今回は手土産はどんなときに必要なのか。また、渡し方からマナーなで最低限覚えることをまとめました。

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

手土産はどんな時に必要なのか

手土産を持ってくことが必要な場面の決まりはなく自由ではありますが、結婚の許しを得るために訪問をするとき両家の顔合わせのとき、実家を訪問するときや親せきの集まりなど、訪問する側になったときに手土産を持って行くことになります

 
訪問される側の時には、お茶菓子や食事などを用意しますが、手土産は用意をしなくても良いというのが一般的です。

 

両家の顔合わせをホテルで行うなどの場合には、お互いに手土産を用意する場合が多いようです。

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

手土産のマナーについて

相手のお宅を訪問するときに持って行く手土産は、会えたことに対する感謝の気持ちを相手に伝え、楽しい時間を楽しんでもらうために持って行くものです。

 
訪問した場合に、玄関先で渡す人がいますが、部屋の中に通してもらい、一通りのあいさつを済ませた後に渡すことがマナーです。

 
相手の好みをリサーチし、好みに合う食べ物を持って行くと喜ばれます

相手の地元の物ではなく、自分の地元で評判が良い物を持って行くことがおすすめです。

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

手土産の渡し方について

手提げ袋や風呂式は、持ち運ぶときのほこり除けとしての意味があるので、そのまま渡すと失礼にあたります。

手提げ袋や風呂式は、たたんで持ち帰ることが基本です。

 

手提げ袋や風呂敷から品物を取り出したら、いったん自分の方に向けて破れや傷などがないかを確認してから、時計回りに90度ずつ2度まわして相手に品物の正面を向けて渡します

 
渡すときには「つまらない物ですが」という言葉や「ほんの気持ちですが」という言葉を添え、両手で相手に差し出すとよいでしょう。

机の上に自分で上げないように気を付けましょう。

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

今回のまとめ

今回は手土産はどんなときに必要なのか。また、渡し方からマナーなで最低限覚えることをまとめました。

 
覚えてしまえば特に難しいことはありませんので、実際に手土産を渡す前に数回練習をするなどしておけば大丈夫です。

手土産をスマートに渡し、好印象を持ってもらえるといいですね。

スポンサーリンク

日々の疑問カテゴリの最新記事